設置方法

電気錠・自動ドア用

ベリキー本体

製品の種類

 ホームタイプビジネスタイプ
リモート機能なし
リモート機能あり
(無線LAN搭載)
※ 設置方法は共通

対応ドア一覧

ベリキーを電気錠ドアまたは自動ドアの操作盤に接続します。操作盤側に入力端子の空きがあるかご確認ください。
弊社にご連絡いただければ、各ドアへの対応についてお調べいたします。

 住宅用電気錠ドア ※電気錠自動ドア
建物用途リモート機能YKK AP/三協アルミLIXILMIWA / GOAL各社
住宅使用JEM-AJEM-AJEM-A
不使用JEM-Aインターホン入力
or JEM-A
インターホン入力
or JEM-A
オフィス・店舗など使用--JEM-A-
不使用--インターホン入力
or JEM-A
インターホン入力
マンション共用部等-インターホン入力インターホン入力インターホン入力
※ 住宅用は100V式の電気錠で、各メーカー製の操作盤が必要です。

機器の設置例

電気錠ドア

電気錠-操作盤の設置

電気錠ドアと操作盤は、各メーカー仕様通りの設置方法です。

操作盤-ベリキーの配線

ドアの近くの室内壁にベリキーを設置し、操作盤と配線接続してください。
スマホ鍵のみの場合は、カードリーダー・認証装置等は不要です。

サッシメーカーの戸建用電気錠ドア

電気錠-操作盤の設置

電気錠ドアと操作盤は、各メーカー仕様通りの設置方法です。電池式タイプには接続できないのでご注意ください。

操作盤-ベリキーの配線

ドアの近くの室内壁にベリキーを設置し、操作盤と配線接続してください。

自動ドア

自動ドア-操作盤の設置

マンションのオートロック等の場合、自動ドアと操作盤は各メーカー仕様通りの設置方法です。
セキュリティの無い自動ドアに追加設置する際、自動ドア側のモード設定が必要になることがあります。

操作盤-ベリキーの配線

ドアの近くの室内壁にベリキーを設置し、操作盤と配線接続してください。

設置工事

機器の取付

新築、改修工事をする場合

ベリキーを2個用スイッチボックスに取り付けできます。操作盤側に空配管するなどして設置してください。

後付け設置する場合

壁内に配線、またはモール配線で設置することができます。

コンストラクション・キー機能

スマホアプリで付属のQRコードを読み取ると、解錠テストできます。
工事用キーとしても利用でき、オーナー様の利用開始でこのキーは使えなくなります。

お引き渡し

製品に付属の書類をオーナー様にお引渡しください。
書類を使ってオーナー様が鍵の利用を開始できます。

後付タイプ

ベリキー本体

製品の種類
 ホームタイプビジネスタイプ
リモート機能なし
リモート機能あり
(無線LAN搭載)
後付タイプの動作条件
  • ハンズフリー自動解錠は非対応。
  • オートロック専用となります。

カバ・ドライブ 後付電動ドライブ

ドアの鍵を電動化することができます。
カバ・ドライブは鍵メーカー ドルマカバジャパン(株)の製品です。
 製品ホームページへ

設置できるドア

1-ドアの形状

サムターンが独立しているタイプのドアに設置できます。
※ ハンドル一体型、ドアノブ型には非対応

2-錠前の種類・ドアの寸法等

①錠前の刻印

代表的なレバーハンドル錠、本締り錠に対応しています。

  • MIWA:LA / DA / LSP
  • GOAL:LX / HD / TX

上記以外の錠前への対応可否については、弊社までお問い合わせください。

②ドアの厚さ

対応ドア厚さ:33 ~ 50mm

③製品巾寸法

ドア面に製品を設置するスペースが必要です。
製品巾:58mm

④ドア先端からの寸法
  • 外開き扉:51mm以上
  • 内開き扉:38mm以上

※ ドアの条件により上記寸法以外で設置できることがあります。詳しくはお問い合わせください。

設置条件の確認

カード・暗証番号キー

ドアの外側に「フロントリーダー」を設置して、カードキー・暗証番号キーを追加できます。

 使用できる鍵の種類
ベリキー+バックドライブスマホ、金属カギ
ベリキー+バックドライブ+フロントリーダースマホ、カードキー、暗証番号キー、金属カギ
※ web画面での鍵管理機能は、カバ・ドライブのカードキー、暗証番号キーに非対応。

ドアの穴あけ可否

ドアに穴あけ可

ドア内に配線して機器を設置することができます。

ドアに穴あけ不可

賃貸オフィスなどでドアの加工が禁止されている場合、ドア面にモール配線することで設置することができます。
この場合でも、カバ・ドライブ自体はドアの錠前に組み込むので脱落する心配はありません。

設置工事

機器の取付

カバ・ドライブ設置

錠前の取り扱い知識が必要なため、鍵工事技術者による施工となります。

ベリキー設置

ベリキーをドア付近の壁面に設置し、カバ・ドライブと配線します。ACアダプタ給電なので、近くにコンセントが必要となります。

スマホで解錠テスト

スマホアプリで付属のQRコードを読み取ると、スマホを工事用キーとして利用できます。
オーナーの利用開始で、この工事用キーは自動的に無効化されます。

お引き渡し

製品に付属の書類をオーナー様にお引渡しください。
書類を使ってオーナー様が鍵の利用を開始できます。