設置方法

電気錠・自動ドア用

後付タイプの設置方法

設置する機器

ベリキー本体

配線は、100V電源と解錠配線のみです。インターネット回線などの特別な設備は不要です。
カードキーなど、ほかの鍵と併用することができます。

設置できるか確認

操作盤の仕様を確認

ベリキーは2種類の解錠配線に対応しています。操作盤側に入力端子の空きがあるかご確認ください。
各メーカーへの対応確認については、弊社までご連絡ください。

 住宅用電気錠ドア ※電気錠自動ドア
建物用途リモート機能YKK AP/三協アルミLIXILMIWA / GOAL各社
住宅使用JEM-AJEM-AJEM-A
不使用JEM-Aインターホン入力
or JEM-A
インターホン入力
or JEM-A
オフィス・店舗など使用--JEM-A-
不使用--インターホン入力
or JEM-A
インターホン入力
マンション共用部等-インターホン入力インターホン入力インターホン入力

※ 住宅用の電気錠ドア:100V式のもので、各メーカー製の操作盤が必要となります。

機器の設置例

戸建用のアルミ玄関ドア


電気錠ドアと操作盤は、各メーカー仕様通りの設置方法です。電池式タイプには接続できないのでご注意ください。

ドアの近くの室内壁にベリキーを設置し、操作盤と配線接続してください。

電気錠ドア


電気錠ドアと操作盤は、各メーカー仕様通りの設置方法です。

ドアの近くの室内壁にベリキーを設置し、操作盤と配線接続してください。
スマホ鍵のみの場合は、カードリーダー・認証装置等は不要です。

自動ドア


マンションのオートロック等の場合、自動ドアと操作盤は各メーカー仕様通りの設置方法です。
店舗などのセキュリティの無い自動ドアに追加設置する場合は、自動ドア側のモード設定が必要です。

ドアの近くの室内壁にベリキーを設置し、操作盤と配線接続してください。

設置工事

機器の取付


ベリキーを2個用スイッチボックスに取り付けできます。操作盤側に空配管するなどして設置してください。

壁内に配線、またはモール配線でも設置可能です。

コンストラクション・キー機能

スマホアプリで付属のQRコードを読み取ると、解錠テストできます。
工事用キーとしても利用でき、オーナー様の利用開始でこのキーは使えなくなります。

お引き渡し

製品に付属の書類をオーナー様にお引渡しください。
書類を使ってオーナー様が鍵の利用を開始できます。

後付タイプ

電気錠・自動ドア用の設置方法

設置する機器

ベリキー本体

DCアダプタで動作するタイプで、カバ・ドライブと専用配線で接続できます。
カバ・ドライブへの給電機能付き、非常用の乾電池を搭載できます。

後付タイプの動作条件
  • ハンズフリー自動解錠・リモート機能は非対応。
  • オートロック専用となります。

カバ・ドライブ

ドアの錠前を後付で電動化できます。

スマホ+金属のカギ

スマホ+カード・暗証番号リーダー+金属カギ

設置できるか確認

カバ・ドライブの設置可否を確認

カバ・ドライブを設置できれば、後付用ベリキーを利用できます。
写真などから弊社でもお調べいたします。
 ドルマカバジャパン(株)製品ページ

対応錠前MIWA:LA / DA / LSP
GOAL:LX / HD / TX
対応ドア厚33 ~ 50mm
対応バックセット外開き扉51mm以上、内開き扉38mm以上

ドアの穴あけ可否を確認

カバ・ドライブ-ベリキー間の配線は、「ドア内側に配線」または「ドア面にモール配線」の2通りがあります。
ドアに穴あけ加工できる場合は、内部に配線を通して設置できます。
賃貸オフィスなどで穴あけできない場合は、ドア面にモール配線で設置できます。

ドア内側に配線
ドア面にモール配線

カードキーの検討

ドアの外側に「フロントリーダー」を設置して、カードキー・暗証番号キーを追加できます。
ドアに穴あけできない場合は、フロントリーダーをエスカッションプレートで取り付けられます。

設置工事

機器の取付


鍵工事店による施工となります。

ベリキーを付属の壁掛け金具で取り付けて、カバ・ドライブと専用配線で接続します。
ACアダプタ給電なので、近くにコンセントが必要となります。

スマホで解錠テスト

スマホアプリで付属のQRコードを読み取ると、スマホを工事用キーとして利用できます。
オーナーの利用開始で、この工事用キーは自動的に無効化されます。

お引き渡し

製品に付属の書類をオーナー様にお引渡しください。
書類を使ってオーナー様が鍵の利用を開始できます。